BLOG

開発者は自らを実験台に...

Kankan

Simplism

どうも、トリニティ開発担当のkankanです。


今いろいろとネット上で噂されている次期iPhoneですが、トリニティの開発としても佳境を迎えており毎日胃を痛めながら頑張っております。


製品開発をする上で、市場の動向は常に注目する必要があります。そんな中、この2~3年で大きく変わってきたのはフィルム市場です。


従来のフィルムはPET素材がメインでしたが、近年ではPETフィルムより、ガラスを素材としたガラスフィルムが伸びています。やはりPETより硬く傷に強く、さらに指滑りや触感が良いということで好まれているようです。もちろんトリニティでも扱っております。


実はiPhoneのガラス市場には、大きく2タイプのガラス製品が存在します。


ガラス種類.pngのサムネイル画像


■1つはオフセットタイプ
これはiPhone6からガラスがラウンドしたことにより、従来と同じ手法だとガラスが浮いてしまうので貼れるギリギリの範囲まで小さくしたガラスです。こちらのタイプは安価であり、ケース関係と干渉にしくいのがメリットになります。


■もう1つはフレームペイントタイプ
こちらは、従来の手法だと大きく作っても角が浮いてしまうため、フレームのペイントをすることで浮きを目立たなくさせガラス全面を覆うことができるガラスです。こちらのタイプはオフセットガラスより広い範囲を保護できるのがメリットで、当社で扱っているガラスもこちらのタイプになっています。


ただ、両方ともに言えるのは、角がとても割れやすいということです。理由は単純明快で、iPhone本体がラウンドしていることで、ガラスと本体に若干の隙間ができてしまいます。なのでその部分が衝撃には弱く、角が割れてしまう...ということが起こります。


そこで当社としては、何か良い方法はないかと模索を続け、1つの回答としてハイブリッドガラス『FLEX 3D』を開発しました。


普段触る液晶部分はガラスで、それ以外の部分をプラスチックのフレームにするハイブリッド構造にすることで、ガラスの利点を残しつつ、角が割れない最強のガラスフィルムの開発に成功しました。


FLEX3D_構造.jpg


とメリットばかり書きつつ、そんなに変わらないのでは? と疑いをもたれる方もいっらっしゃると思います。では、実際どれくらい強いのかというと...


ドドドーン!!!!!

IMG_9979.JPG


ダダダーン!!!!!

IMG_9977.JPG


先日私のiPhoneがトラックに轢かれました。
2tではありません!! 4t以上の大型トラックです...!!!


こんなにめちゃくちゃになっているのに、FLEX 3Dのガラスは割れておりません...!
(このヒビみたいな跡は、iPhoneのガラス破片です)


IMG_9976.JPG

さぁ、いかがでしょうか、このFLEX 3Dの耐久性。ちなみに本体が壊れてるじゃんというツッコミは無しの方向でお願いします...。


こうやって開発者は自分を犠牲に検証するのです。やっぱりドMってことですね。


是非ともお試しください。


FLEX 3D for iPhone 6s/6 光沢

FLEX 3D for iPhone 6s/6 反射防止

FLEX 3D for iPhone 6s/6 ブルーライト低減