BLOG - August, 2010

3D Ready!

Yohei

私たちSimplismは、iPod/iPhoneの関連アクセサリーばかりを作っているイメージが強く、展示会などで説明すると驚かれることが多いのですが、映像の切替、分配をする機器もリリースしています。main_visual2_4c.jpg

HDMI切替機(4入力1出力)/ HDMI Switcher 4x1
HDMI分配機(1入力2出力)/ HDMI Switcher 1:2
HDMI分配機(1入力4出力)/ HDMI Switcher 1:4
HDMI分配機(4入力2出力)/ HDMI Switcher 4x2

この4機種を、3年前の2007年の10月から随時リリースしてきました。
当時は、HDMIのバージョン、1.3が策定されたばかりで、対応機器があまりないときに、いち早く市場に投入してきたシリーズです。

HDMIのバージョンはAV機器の進化と共に向上を続けてきましたが、バージョンが上がる度に、ざまざまな不具合が発生することが多いのも特徴でした。
本来HDMIは下位互換であるはずで、間に介する機器のバージョンに合わせて適宜出力する映像ソースのスペックを調整し、特別な設定がなくても表示できるはずなのですが、実際はケーブルの帯域に問題が出たり、テレビのHDMIの処理にバグがあったり、様々な原因があって結果「映らない」ということが頻発していました。

コンポーネントやコンポジットなどのアナログ接続では、多少の問題があっても必ず映ったのですが、デジタルの場合、1つでも不具合があるとブラックアウトして全く映らないという状態になりがちでした。

また、当時はプロジェクターが著しく進化し、テレビとプロジェクターを同時に使うというホームシアターシーンが急激に増えてきて、一台のBlu-rayプレイヤーを2台、3台の機器に分配したいという要求がでてきた時代でした。

しかしながら、ただでさえ様々な要因で表示されなくなってしまうトラブルが多いHDMI規格で、しかもHDMIバージョン1.2から1.3への過渡期で出力機器も様々なスペックが混在している時代。市場で販売されていた分配機でのトラブル報告は本当に多く、私たちは様々な原因と対策を調べ続け、「映らない」というトラブルを、ユーザーにとって最もシンプルに解決する手段として、「SmartSplit」と機能を私たちの新しく作る分配機に盛り込みました。
4-2remote_002.jpg
「SmartSplit」を簡単に説明すると、テレビやAVアンプ、プロジェクターのスペックを読みとり、ユーザーの出力したいスペックでBlu-rayプレイヤーなどのソース機器から出力させる指示をだすプログラムです。
このおかげであまり深く考えなくても「映らない」とうトラブルに巻き込まれることを劇的に減らすことが出来ました。

結果、コンシューマー向けの切替/分配機としては品質、安定性の面からも高い評価をいただき、一般ユーザーだけではなく家電量販店などの展示用テレビの分配などにも大量に導入していただきました。

そして、HDMIの進化が予想される将来にわたっても長期のサポートが出来るように、プログラムを内部から書き換えできる機構を用意してありました。

mode4_upgrade.jpg2009年6月には、
不満の多かったHDMIの音質を改善するためのモード、「Audio優先モード」を追加しました。これは背面のDipスイッチで3種類のモードの切替ができる「SmartSplit」に、4番目のモードとして追加しました。購入済みのお客様にも対応するために、外部からのアップデートを承ることにしました。
このファームウェアの着想点は本当に独特ではありますが、HDMIの音質低下の原因の1つである、大きく帯域を占有するDeepColorを強制Offにして、音質の低下を防ぐ、という、コロンブスの卵のようなアイデアが盛り込まれております。
色域を増大させるDeepColorの効果は、実のところそれほど実感できるコンテンツはあまりなく、PlayStation3など、DeepColorを強制的にOffに出来ない機器にとってはケーブル帯域を占有してしまうトラブルの原因の1つでもありました。

3d_sticker.jpgそして、今回、私たちは2度目となるアップグレード、3D映像に対応する「3D over HDMI」パススルーの対応ファームウェアをリリース致しました。
今回は新製品で出し直す、ということも考えたのですが、今まで販売してきた製品の完成度の高さ、ユーザーの利便性を考えると、3年前にリリースした製品であっても出来る限りアップグレードにて対応させていただくことにしました。

しかしながら、ただアップグレードするだけでなく、動作の各種チェック作業やお客様宅への返送作業もあり、どうしても有料での受付となってしまいました。何卒ご了承下さい。
また、今回の3D対応ファームウェアには、Mode4「Audio優先モード」も含まれております。
今まで気になっていた皆様も、この機会にアップグレードをお願い致します。


4-1mini_back_001.jpgまた、今回のアップデートプログラムの対象外であるHDMI切替機(4入力1出力)/ HDMI Switcher 4x1に関しては、アップグレードを行なわなくてもすでに3D over HDMIに必要なスループットが確保されており、そのまま対応品となります。
安心してお使いください。

Read more

iPhone 4のケース選び

Yohei

私たちSimplismは、耐衝撃性を重視するユーザに向けてSilicone case set for iPhone 4をリリースしました。
100628_003a.jpg以前リリースしたSilicone case for iPhone 3Gから、2年ぶりの更新となります。

IMG_0576.jpg2年前のiPhone 3Gが発売されたころ、iPhone、スマートフォンを買うユーザーは、ほんとうに限られたアーリーアダプター層だけで、殆どが男性でした。すでに遠い昔のように感じますが、当時はいわゆる普通の携帯電話が本流中の本流、PC接続が必須なスマートフォンを買うなんて、普通の携帯ユーザーにとってはとても敷居が高く、購入の検討対象にすらなっていませんでした。iPhone 3Gも、まだApp Storeもオープンしておらず、Webブラウザとメール、iPodとYoutubeが付いただけの高価で重い携帯電話でした。
それが去年の3GSの発売頃から状況が一気に変わり、派手なアプリや絵文字が使えるようになったり、購入価格の引き下げなどがあり、急激に「普通の人たち」にも普及し始めました。
女性の購入者のシェアも急激に上がり、それに伴って私たちのケースもカラーバリエーションも見直すことにしました。
100618_020a.jpg2年前ではレッドだったものを、明るくポップなピンクに変更しました。
また、グリーンをやめてどのような服装でも合うようなブラウンに変更しました。
老若男女問わず、選びやすいカラバリになったのではないかと自負しています。
是非店頭で自分に合うカラーを選んで下さい。

100618_004a.jpgもちろん付属品にも手を抜かず、無くさないDockコネクターカバー、液晶保護フィルム、貼り付け補助レベラ、クリーニングクロスと、保護に必要な付属品はしっかりと付属。100702_003b.jpg初めてのiPhoneケースの購入にも安心してお薦めできる、定番製品です。

Read more